部活動に思うこと

いろいろな競技のいろいろなチームを見てきましたが、その時代に合った指導をしていかなければいけないということを感じます。
日本のスポーツを支え、発展させてきた部活動にも同じことが言えます。

一昔前は生徒も親も社会に出ても通用するように、暴力や理不尽、長時間労働に耐えられる精神力や体力を付けることを競技や部活動に求め、部活をしていた人が多くいたと思います。
指導者に「うちの子供を厳しく指導してください」という親も多くいました。
実際に企業に求められていた人材の多くも、精神力や体力を持った人でした。
そのように精神力を育むことを目的として部活をしている生徒や親には、暴力や理不尽な指導は理解を得られます。
評価されることすらもあります。

しかし、パワハラやブラック企業というのが問題になる現代に、忍耐力や精神力よりも、その競技自体を上手くなりたい。自ら考えて行動できる自主性を身に付けたい。コミュニケーション能力を身に付けたい。などと思っている人には、絶対的な主従関係を作った、人によってはパワハラと感じるような理不尽な指導は理解を得ることはできません。

その競技を上手くなりたい、スキルを磨きたいと考えている人が、忍耐力や精神力を鍛えることを目的にした指導者の下で競技に取り組めば、競技自体が嫌いになったり、途中で辞めてしまったりといったことが起こってしまいます。

それは指導する側の目的と指導される側の目的に違いがあるからです。

そうならないためには、指導者は、日々勉強をし、生徒とコミュニケーションを取り、それぞれの生徒に適した指導方法を考え続けなければいけません。
昔の生徒はこうやって強くなったではなく、今の生徒に合わせた指導をする必要があります。

生徒側は、学校や部活を「どのような指導理念で」「どのような指導方針で」「どのような指導が行われているのか」を調べて決める必要があります。
なにも調べずに学校を決め「こんなやり方はあり得ない」というのもおかしな話だと思ってしまいます。
学校選択は自由なので、昔に比べ、インターネット等で情報も集めやすくなっているのでしっかりと調べ、見学に行き、進路を決めることが大切だと思います。

とはいえ、現状では指導者に「ここの学校に行け」といったような半強制的に進路が決められるようなことが多く起こっています。

指導者の教え子が指導者をしているチームや学校だと、いい選手がいた場合に「うちにくれ」ということになり、半強制的にその学校に進学することがあります。
野球では、まれにですが、ドラフト指名を回避させて進学させることもあります。

生徒が自分の意志で進路を決められないことは、問題だと思います。

少子化が進み、生徒数が減っているので学校側も生徒を集めるために様々な努力をしています。
部活動を使って、学校の宣伝をするということも行われています。
そのため、指導者が勝ちを求められ、生徒の育成よりも勝つことに執着しすぎてしまうということも問題にあります。
生徒の将来よりも学校の宣伝に生徒が使われてしまっていると感じることが多々あります。
しかし、学校側から見れば、必要なことであり、すべてを否定することもできません。
理想論になってしまうかもしれませんが、勝つことだけでなく地域振興や地域社会への貢献による宣伝。
個人の人格形成や社会性の育成、母校愛の育成により、広告塔に育てる。といったようなやり方もあるのではないかと思います。

時代が変わり、今までのやり方だけでは対応できないことがたくさんあります。
生徒の将来、学校の将来、スポーツの将来、日本の将来などにとって、どうしていくことがいいのか、みんなで意見を出し、協力して考えていかなければいけないと思います。

武雄ボーイズ、ゼネラルマネージャー

僕は、武雄ボーイズという中学生の硬式野球チームのゼネラルマネージャーをしています。
武雄ボーイズは昨年末に新しく発足した佐賀県武雄市の中学硬式野球チームです。新しく日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)に加盟しました。

僕にとって縁もゆかりもない佐賀県武雄市のチームのゼネラルマネージャーになぜ?と思う方も多いと思います。
ゼネラルマネージャー就任の経緯を説明すると、武雄ボーイズの母体となる会社の社長さんとお会いし、僕の考え方や取り組み、アマチュア野球界の現状、今後のアマチュア野球が目指すべき方向、などの僕なりの考えを話した時にとても評価していただき、チーム作りに協力してほしいと言われたところから始まりました。

初めはアドバイザーという立ち位置でチームにアドバイスをしてほしいという話でしたが、チーム発足の前にアドバイザーではなくもっとチームに関わってほしい。チーム方針から練習メニューまでチームのすべてを考えてほしいと任されました。そこでアドバイザーからゼネラルマネージャーという肩書きになりチーム発足となりました。

僕の目指すチームは「スポーツマンシップを深く理解したチーム」です。
スポーツマンシップとは、スポーツの本質であり、スポーツの価値そのものである。というように考えています。
僕自身が小学生から野球を始めて、大会ごとに必ず「スポーツマンシップにのっとり正々堂々と戦うことを誓います」と選手宣誓するわけですが、今までに1度もチームでスポーツマンシップを教えてもらったことがありません。
僕の場合、幸いにも実家のトイレに、『スポーツ宣言』という題名のスポーツ精神が書かれた紙が貼ってあったのでそれを見てスポーツマンシップを理解してきました。

野球に限らず全てのスポーツでスポーツマンシップに反する行為は批判の対象になっています。さらに、そのような行為をする選手は人としての評価まで下げています。

スポーツマンシップを深く理解した選手の集合体が価値のあるチームであると思っています。

そのようなことからチーム方針は【スポーツマンシップ(スポーツ精神)】です。
以下はチーム方針の全文です。

【スポーツマンシップ(スポーツ精神)】
スポーツマンシップとは、優れた人格を身に付けるための心構えであり、スポーツを通じて少しずつ身に付ける人格的な総合力のことである。

スポーツの価値はスポーツマンシップそのものにある。

・感情の抑制
どんな状況においても自制を保ち周りに対して正しい態度を保持する。
勝っておごらず、負けて腐らず次に備える。
負けた時、相手の勝利や成功をたたえそれに負けないように自分が努力する。

・相手に対する思いやり
勝つために全力でプレーする。
相手の素晴らしかったプレーを評価し敬意を持つ。
自分たちがやられて気分が悪いと感じることはしない。

・フェアプレー
プレーヤー、ルール、審判を尊重し全力を尽くす。

〈スポーツとは〉
・強制されて行うのではなく自らが判断する。
・スポーツマンシップを守り自由にプレーを想像する。
・勝利や成功を目指して競い合うからこそ多くの価値が得られる。
・努力から生まれる喜びと充実している存在の感情を得る。

以上が武雄ボーイズのチーム方針になります。

このチーム方針を守った上でセンスを鍛えることをメインにした練習を行なっています。
センスとは、スポーツでも勉強でも芸術でも何でも成果を出す人が持っている共通の能力です。
センスを伸ばすことにより文武一道を目指していきます。
文武両道とは「文」も「武」も頑張ることですが、文武一道とは野球で鍛えたセンスを勉強や他の分野でも生かす文武不岐の考え方です。

スポーツマンシップを深く理解し、センスのある選手になったら野球だけではなくいろいろなところで力を発揮できる人になると思っています。
野球を手段にスポーツマンシップとセンスを磨くことにより、今後生きてく上で必要な能力や優れた人格を身につけることを目指していきます。

もうひとつが地域と密着したチーム作りをし、地元から応援されるようなチームを目指すということです。
将来は武雄ボーイズから武雄市を盛り上げ、地方創生まで繋げていきたいという想いも持っています。
武雄市は武雄温泉が有名な温泉の街でもあります。合宿地としても適しています。武雄市にセンスを磨くという他のチームとはまったく違った選手へのアプローチ、練習メニューを行い、合同練習や合宿地としてチームを集めたい。そのような想いもあります。
武雄市という地方の小さな市から、どこに出ても自慢ができるようなチームを作っていきたいです。

選手と一緒に僕自身も指導者もチームもどんどん成長していき、より良いチームにできるよう努力していきたいと思います。
発足したばかりのチームで至らないところは多々あるとは思いますが、ぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします。

日立製作所を退社してから今までに取り組んだこと。

2016年の社会人野球日本選手権を最後に日立製作所を退社しました。
その後、よく「何してるの?」とか「◯◯が心配してたぞ」など言われました。
なかなか近況を報告する機会もなかったのでここで報告しようと思います。

日立製作所には大学の時に声をかけていただき、2年間お世話になりました。
その後、プロ野球に進み、千葉ロッテマリーンズ最後の年に、もう一度声をかけていただきました。そして2年間プレーしました。
本当に良くしていただき、とても成長することができました。
さらにもっともっと勉強しないとダメだ、という強烈なモチベーションをもらいました。
本当に感謝の気持ちしかありません。

プロ野球を辞めて社会人野球に戻りプロ野球選手とアマチュア野球選手の差をとても感じました。
しかし、その差をどのようにしたら埋められるのか、上手く伝えることができませんでした。
今までに、野球を通して、一般的にはなかなかできないようなたくさんの経験をしてきました。しかし、このままの知識では、その経験を子供たちやこれから上を目指す選手に還元することができないと強く感じました。
どの年齢、どのレベルの選手に説明しても、理解してもらえるように勉強をすることが必要だと思い、日立製作所を辞めて勉強することにしました。

幸い、身体も万全で痛いところも全くなかったので自分自身の身体を実験台に、現役の選手ではなかなかできないような多少(かなり)、無茶なことも試してきました。

野球では小学生、中学生、高校生、大学生、社会人選手、プロ選手を実際に観てきました。

野球だけに関わらず他のスポーツの現場を観たり、他の分野の方の話しを聞いたりもしてきました。

トレーニング施設や研究所を見学させていただいたりもました。

協力して下さった方々にはとても感謝しています。
お陰さまでこの期間にたくさんの知識を得ることができました。

「怪我や故障をする選手としない選手の違い」
「上手くなる選手となかなか上手くならない選手の違い」
「一流選手とアマチュア選手の違い」
「五輪のメダリストとそうではない選手の違い」…等々。

自分の経験や感覚的な主観だけではなく、どのような能力に差があり、どのようなトレーニングが必要なのか、論理的に説明できるようになってきました。

感覚だけで教えても感覚が違う人には上手く伝わらないので相手を観ながらどんな人にも伝えられるように知識を深めてきました。

日立製作所を退社してからこのようなことを勉強していました。

僕の勉強はまだまだ途中ですが今持っている知識を今後、発信していきたいと思っています。

ホームページ開設しました。

ホームページ開設しました。

僕が今までに経験したことや今までに得た知識を少しでも、必要としてくれている人に伝えていきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。