プロアマ問題をアマチュア選手目線から考える。

野球界にはプロアマ問題というものがあります。
現在は、多少緩和されましたが、それでも現役のプロ野球選手が高校生や、大学生に技術指導することは、禁止されています。

プロアマの問題は、ずっと昔からあり、とても根深い問題ですが、今回はアマチュア選手の立場から考えての話をしたいと思います。

上を目指す選手にとって、プロアマ問題が、どうなることがいいのか考えてみました。

 

現在、プロ野球を辞めた選手でも、正式な手続きをすれば、高校生も大学生も指導することができます。
一昔前に比べれば、だいぶ緩和されましたが、他のスポーツや海外と比べると理解に苦しみます。

プロアマの垣根がありすぎたためか、プロとアマチュアの力の違いが理解されていないように感じます。
技術もフィジカルも考え方も違います。
練習やトレーニングも違います。

アマチュア選手のためには、もっともっとプロとアマチュアが協力し合うべきです。

元プロはしつけを教えないからそういうやり方では困るという話を耳にします。

それを聞いて思うことが、

元プロ野球選手に求められているのは、プロの世界で培った、技術や経験を伝えることではないのか?

ということです。

もちろんしつけも大切ですが、技術を教えることとは別の話だと思います。
それではプロ野球を経験した人間を活かしきれないのではないでしょうか。

選手を指導する上で、考えなくてはいけないことが、課題を分析しなくてはならないということです。
これができないと、技術に問題があるのに、髪型が悪いだの、態度が悪いだのの、しつけがなってないからだとなってしまいます。
テクニカルな指導としつけを一緒にしては技術は伸びていきません。
しつけだけでは、技術は上がりません。

これは技術に問題があるのにメンタルのせいにしているのと同じことです。
課題に対して、アプローチをすることが大切です。

プロ野球選手のもつ経験や技術は、とても勉強になります。
長く活躍し、実績を残した選手の話は、目からうろこが落ちるような話ばかりです。
必ずしも、名選手だから指導力があるという訳でありませんが、名選手が持っている技術や経験、感覚は、これから上を目指す選手にとっては、非常に貴重で、プラスになることがたくさんあると思います。

 

プロ野球選手が行なっている野球教室のほとんどが、ただ楽しませるだけや思い出になるようなものになっています。
それは、子供たちが普段、自分のチームのコーチに教えてもらっていることと、プロ野球選手が教えたいことに大きく違いがあることを知っているからです。
子供たちが混乱しないように、技術を教えることはしません。
それだけ、プロの持つ技術と、子供たちが教えてもらっている技術に、違いがあるということでもあります。
もちろん、野球人口が激減している今、楽しませるやり方も必要ですが、もっとプロ野球選手の技術がアマチュアに広がるようなシステムを考えるべきだと感じます。

もっとプロ野球選手がアマチュア野球に経験や技術を還元できるようになれば、日本の野球のレベルは格段に上がると思います。

子供たちや選手のことを考えたら早くルールを変えるべきだと思います。

例えば、実際に、甲子園で見た場面で、
9回ウラ、2アウト満塁。2塁ランナーが同点、1塁ランナーがサヨナラ。カウント3ー2(フルカウント)。
この場面は、ランナーはピッチャーのモーションと同時にスタートするので、ヒットで外野手が2塁ランナーをホームでアウトにするのは現実的ではありません。
だから、外野手は1塁ランナーを返さないような深い守備位置に守るべきです。
にもかかわらず、甲子園に出るチームでさえ、外野が前進守備をしている場面を見ました。
毎日、力の差が少ない相手と試合をしているプロ野球選手は、こういう経験は豊富です。

 

一流の世界を経験した人の指導を受けることは、選手の競技能力の向上だけでなく、戦術、考え方、ケガの予防など、野球の発展につながります。
高いレベルの技術や話を聞ける環境があれば、もっと野球のレベルが上がり、人間としての成長にもつながってくるのではないでしょうか。

野球界には、様々な問題がありますが、いつも被害者になるのは発言力のない、まだ狭い世界しか知らない子供たちであり学生たちです。
そういう選手は、プロ野球選手の指導を望んでいます。
もっとこれからの選手に目を向けて考えていくべきだと思います。

高校野球の次のステップ。

いよいよ夏の甲子園と言われる全国高校野球選手権大会が開幕します。
高校野球を初め、アマチュア野球は日本の野球の発展に大きな影響を与えてきました。
野球だけでなくスポーツの発展にとても貢献してきたと言えるのではないでしょうか。

今までやってきたやり方を土台に、次のステップに移ることで、よりスポーツの発展に影響を与えられるのではないかと思います。
そのためには、変えていかなくてはいけないことがあると思います。
これは、いままでのやり方がダメというわけではなく、次のステップに進む時期が来ているということです。

そんな考えを書いてみました。

 

多くの現場を見てきて、僕が1番に思うことは、選手の健康、安全を最優先してほしいということです。
最も大切にすることは、「選手の将来である」ということです。

高校野球の甲子園予選を見ていると、連投をして、何百球という球数を投げるのが当たり前になっています。
これは、大学野球でも、少年野球でも同じです。

子供たちや高校生という、まだまだ先のある選手の身体よりも、勝ちが優先されていることに、とても違和感を感じます。

甲子園で何百球投げたと話題になった選手のほとんどが、その後、肩や肘を壊しているという現状があります。
壊していないピッチャーの方が例外といってもいいくらい、多くの選手が肩や肘を壊しています。

壊れるという前例がたくさんあるにもかかわらず、対策をしないで、連投させ、何百球と投げさせるのは、怪我をしろと言っているのと同じだと思います。

さらに、よく見るのが、故障した選手は、治療やリハビリではなく、練習の手伝いに回すことです。
ただでさえ、好きな野球ができなく、精神的にも苦しんでいる選手に、追い打ちをかけるような行為であり、選手の気持ちを一切理解していないと言えると思います。

そういう選手が、やらなければならないことは、治療であり、リハビリです。
それをしっかりやらないと、復帰に時間がかかるだけでなく、復帰できないということも考えられます。
復帰したとしても、しっかりとした、リハビリがなければ、再発の可能性も高くなります。
チームのためを思うなら、練習を手伝うのではなく、チームのために、1日でも早くレベルアップした姿で復帰する、ということだと思います。

選手は、「壊れてもいいから投げたい」と言うかもしれません。
それを止めるのが指導者であり、周りの大人です。

僕は、もし仮に、「故障をしているが、最後だから無理してでも投げたい。」といったような、話をしてくる選手がいたら、「NO」と答えます。

僕も、怪我や故障をたくさん経験してきているので、その選手の気持ちは痛いほど理解できます。
しかし、何がその選手の為になるのかと考えると「全力で今できる、治療であり、リハビリをやる」ということになります。
例えそれが、その試合までに復帰できる可能性が0だとしても、全力で復帰を目指してほしいと思います。
そんな厳しい状況で、今できることに全力で向き合うことができたなら、それは何よりの財産になるからです。
今後の人生に間違えなくプラスになると思います。

また、野球がスポーツである以上、身体を壊してまでやる必要はないし、身体を壊すことを防がなければなりません。
それは、本人だけでなく、野球に関わる全ての人が、認識しなくてはならないことだと思います。
普段から、野球とはそういうもので、スポーツとはそういうものだと、教育していかなくてはなりません。

 

健康、安全を最優先するという意味では、猛暑の中の試合も対策が必要です。

一生に1度しかできない高校野球なのでどうするのがよいのかを大人が考えていかなくてはいけないと思います。
高校野球は観客動員を見ても、とても人気があります。
選手の安全だけでなく、応援に来る生徒や観客の健康、安全も一緒に考えていく必要があると思います。

 

野球に関わるすべての人に、スポーツパーソンシップと選手の将来を最優先するという意識があれば、野球界が今よりも、もっと発展していくのではないかと思います。

夏バテ対策。

夏バテをすると、パフォーマンスが下がるだけでなく、練習ができなくなったり、食欲がなくなり、体重が減ってしまったりと、大きなダメージが残ります。
スポーツをしていると、怪我につながることもあります。
近年、夏の暑さが増し、夏バテをする人も増えてきています。

そこで、僕のやってきた夏バテ対策を紹介したいと思います。
とはいうものの、対策と言っても、たいしたことをしているわけではなく、当たり前のことをしているだけなのですが…。
適度な、食事、睡眠、運動を心がけるということです。

 

特に、食事と水分補給には、気をつけていました。
夏バテ対策とは、熱中症予防でもあり、この季節には、欠かすことができません。

以前、投稿した「水分補給」のやり方が基本ですが、それを、夏は特に、意識します。

練習や試合後に、のどが渇いていないように、運動前や運動中にしっかりと水分補給をするようにします。
食事の前に水分を摂りすぎると、胃液が薄まり、胃腸の働きが弱まり、消化吸収が上手くいかなくなり、食欲の低下につながります。
それを避けるために、運動後はなるべく飲み物は飲まないようにしていました。
逆に言えば、練習中や試合中にしっかりと水分を摂るようにしているということです。

しっかりとした食事をする上で、胃腸の強化は、重要になります。

消化器官の働きを助けるために、暑いときでも、味噌汁などの温かい汁物を摂るようにします。
食事を、ゆっくり、よく噛んで食べることも、消化器官の働きを助けます。
冷たい飲料や食事を避けるようにすることも大切です。

食べるものとしては、たんぱく質と炭水化物をしっかり摂ることが重要です。
それ以外にも、カルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルを摂り、筋肉の疲労を軽減するビタミンB群も摂取するように心がけます。
豚肉やウナギなどがビタミンB群を多く含む、食べ物です。

トマトも水分補給に適しているだけでなく、トマトに多く含まれるリコピンは紫外線から身体を守る抗酸化作用もあるために積極的に食べます。
水分を多く含む、野菜やフルーツを上手く使うことも心がけます。

糖質過剰摂取を控えることも、夏バテの対策になると思います。

 

質の高い睡眠を取る対策としては、快適な睡眠環境を作ることが大切です。
室温や湿度を上手くコントロールし、深い眠りに入れるようにします。

入浴やストレッチは、筋肉の緊張をほぐし、睡眠の質を上げるのに効果的です。
自律神経のバランスを整えることも、睡眠に大きく関わってきます。

しっかりとした睡眠を取ることで、疲労の回復につながり、夏バテを防ぐことになります。

身体が疲れすぎると、睡眠の質が落ちるので、適度な運動が大切です。
ただ、競技力の向上には、練習量を確保することも、重要なので、無駄な体力を使わないようにすることも必要です。
無駄に、日に当たらないようにしたり、最低限のウォーミングアップにしたりしていました。

 

日焼けをすることで体力を奪われるので、日焼け止めを塗ることも、対策になります。
紫外線対策は、屋外でやるスポーツでは、考えなくてはなりません。

 

このように、夏バテにならないための対策には、十分な睡眠と規則正しい生活、そしてバランスよい食事が重要です。
3食をバランスよくきちんと食べて、食事の中からしっかりと栄養を摂るとともに、水分や塩分などのミネラルを摂り、自律神経のバランスを維持し、よく眠り、しっかり休む。
これが、夏バテの対策になると思います。
つまり、良い習慣を作ることが夏バテ対策になるということです。

食事、睡眠、運動を見直して、夏を乗り切りましょう。

ルールとフェアプレーとスポーツパーソンシップ

今まで、スポーツパーソンシップについて、何度か投稿してきましたが、今回は、その中の「フェアプレー」について書きたいと思います。

スポーツには、ルールがあります。スポーツに関わるにあたり、「ルールを守る」「フェアプレー」「スポーツパーソンシップ」の違いを理解することで、よりスポーツを楽しむことができると思います。

先ず、簡単にそれぞれを説明すると、

・ルールを守る
これは、そのまま、そこにあるルールを守るということです。

・フェアプレー
プレーヤー(味方と相手)、ルール、審判を尊重し全力を尽くすことです。
そうすることにより、より良い試合ができるようになります。
そのルールを運用し試合を円滑に進めるサポートをするのが審判です。

・スポーツパーソンシップ
「感情の抑制」「相手に対する思いやり」「フェアプレー」の精神を持つことです。
優れた人格を身に付けるための心構えであり、スポーツを通じて少しずつ身に付ける人格的な総合力のことだと言えます。
その競技の歴史的な成り立ち、伝統を学び、理解した上で、その競技自体を尊重する心を持つことも大事な要素です。

この3つがどのように違うかというと、スポーツパーソンシップの中にフェアプレーがあり、フェアプレーの中にルールを守るということがあるということです。

ルールを守るだけではフェアプレーとは言えません。

フェアプレーをするだけではスポーツパーソンシップに則っているとも言えません。

当然、ルールを守るだけでは、スポーツパーソンシップに則っているとも言えません。

逆に、スポーツパーソンシップに則ることはフェアプレーをするということであり、フェアプレーをするということは、ルールを守るということになります。

スポーツパーソンシップとフェアプレーの違いは、フェアプレーとは、プレーヤー(味方と相手)、ルール、審判を尊重し全力を尽くすことで、スポーツパーソンシップとは、スポーツパーソンが持つ、スポーツ精神であり、スポーツを行う心構えを言います。
つまり、競技中だけでなく、競技を離れても発揮しなくてはいけないのが、スポーツパーソンシップです。
フェアプレーとは、競技中に発揮するもので、スポーツパーソンシップとは、スポーツを離れても発揮できる人格的な総合力のことを言います。

ルールを守ることとフェアプレーの違いは、フェアプレーは、ルールを守るだけでなく、プレーヤー(味方と相手)、ルール、審判を尊重するということと、勝利を目指し全力を尽くすということです。

相手への尊重がなく、ルールを守るというだけでは、ルール内なら相手を蹴落としたり、怪我をさせても良いということになってしまいます。
また、お互いが全力でプレーしてこそ、良いゲームになるので、自分のためにも、相手のためにも全力でプレーすることが大切です。

ルールへの尊重がなく、ルールを守るというだけでは、反則にならないギリギリまでなら良いということになってしまいます。
そのルールがなぜできたか、という本質を考えてプレーすることがルールを尊重するということです。
ルールの本質とは、暴力をなくすことや、相手と条件を同じにするためや、ルールを作ることにより難易度を上げ、より楽しめるようにするということです。

審判への尊重がなく、ルールを守るというだけでは、審判を騙したり、見つからなければ良いということになってしまいます。
自分が思っていた判定と違う判定が出た時に、審判を責めることにもつながります。

このように、プレーヤー、ルール、審判を尊重せずに、ルールを守れば良いという考えはフェアプレーとは言えません。

スポーツをするにあたり、これはルールを守っているのか。
守っているなら、さらに、フェアプレーなのか。
フェアプレーなら、さらに、スポーツパーソンシップに則っているのか。

こう考えることが重要です。

環境の僅かな違いから結果が変わる。

前回、ボールの縫い目の違いの投稿をしましたが、今回は縫い目だけでなく、野球ボールと環境が僅かに変わるだけで、野球が変わるという話をしようと思います。

プロ野球は、2011年に統一球になり、ホームランが激減し打率までもが下がりました。
正直、反発係数が僅かに変わるだけで、こんなにも野球が変わるのかと驚きました。

ボールが環境から受ける影響や、環境から身体が受ける影響により、パフォーマンスや結果が変わってきます。

ボールが環境から受ける影響とは、風によってボールが伸びたり、沈んだりします。
千葉マリンスタジアム(ZOZOマリンスタジアム)で何度も投げたことがあるので、風の影響で変化球の変化が変わったり、ストレートの軌道が変わったりすることを経験してきました。
マウンドの固さや土の質によってもパフォーマンスが変わります。
気温や気圧によっても、空気抵抗が変わるので打球の飛距離が変わります。
雨や湿気によってボールが重くなったりもします。
「湿気で重くなったぐらいで変わらないだろ」と思うかもしれませんが、ピッチャーはとても敏感です。
硬式野球をしているピッチャーが「軟式ボールを投げたら、軽すぎて肩や肘を痛めるから投げられない」と言う人がいるくらいです。軟式球と硬式球の重さの違いは、僅か10グラム以下です。例えが悪いかもしれませんが、この差は、小さじ2杯以下です。
これで投げられないというのも問題だと思いますが、そのくらいボールの重さに敏感です。

環境から身体が受ける影響とは、気温や湿度によって汗の量が変わります。環境により集中力を欠いたりもします。緊張やプレッシャーにより心拍数など、身体に変化がでます。

ボールの皮の質や手との相性、気圧や湿度などによって、パフォーマンスに違いが出ます。
様々な要素が絡み合いパフォーマンスが決まります。

僕は、手に汗をよくかくので、とにかく、梅雨時の西武ドームのような湿気の多い球場は苦手でした。
僕の場合は、汗で滑るようになった手の湿り具合をコントロールするためにロージンを使います。

逆に、ロージンを使わないような選手は、手にあまり汗をかかないタイプの選手だと思います。そのような選手は、湿気があった方が投げやすいため、手に汗を付けたり、指を舐めたり、ボールを手でこねたりして、投げやすくしています。

アメリカでは、ボールが滑ると言われますが、日本のボールと使っている皮が違うことと、日本よりも空気が乾燥していることで、滑りやすくなります。
シアトルからマイアミまで約4400キロ離れているように、球場により環境も大きく異なります。
日本より、ボールへの対応も、環境への対応も、はるかに難しいことが想像できます。

アメリカは日本とは違って、砂漠の近くの球場や標高約1600メートルにある球場など、球場によって環境がかなり違います。
標高約1600メートルにあるコロラド・ロッキーズの本拠地のクアーズ・フィールドは、気圧が低く、打球が飛ぶことからメジャーで最も打者が有利な球場と言われています。
コロラド州には、砂漠もあるので乾燥もしています。

次に打者有利と言われているのが、アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地のチェイス・フィールドです。
アリゾナの砂漠の中にあるので、気温が高く乾燥しているため、打球が飛びます。
打球がよく飛ぶだけでなく、乾燥しているため、ボールが滑りやすく、ピッチャーがコントロールをつけることが難しいのと、回転数が上がりにくくなると思います。

この2つの球場とも、回転数が必要なスライダーやカーブよりも回転数を抑えたいフォークやスプリットのほうが有効になりやすいと思います。(コントロールは難しいですが)
野茂投手がクアーズ・フィールドでノーヒットノーランをしたことと、平野投手がチェイス・フィールドを本拠地にスプリットを武器に活躍していることは、もしかしたら、関係しているのかもしれません。

野球では、相手との勝負以外にも、環境により、どのような影響があるのかを理解し、対応する、対応力も勝敗を分ける大切なスキルになるということがわかると思います。

ボールの僅かな違いから結果が変わる。

日本のプロ野球とメジャーリーグの違いについての話題になると「必ずボールが違う」という話になります。
ボールが変わるだけで、そんなに変わるのかと思われるかもしれませんが、僅かな違いが、大きく影響するのが野球です。
実は野球以上に、サッカーもボールによって、大きく変わるスポーツに思えます。
そんなボールの話をしていこうと思います。

野球のストレートも変化球もサッカーのカーブやブレ球と言われる無回転シュートもボールの皮をつなぎ合わせる縫い目によって生まれています。

野球のピッチャーが投げる球種の、ほぼすべてが、回転数が多いほど変化する、ストレート、シンカー、カーブ、スライダー系と重力の力で自然の軌道を描く、フォーク、スプリット系です。
ストレートを変化すると表現したのは、縦回転が増えるほど浮力が生まれ、落ちにくくなる。つまり、上方向に変化しているとも言えるからです。
フォークやスプリットは、縦の回転数を減らして浮力を少なくすることにより、重力の力で自然の軌道を描く。つまり、変化が少ないと言えます。
野球は、ストレートを基準にボールを見るので、フォークボールを落ちたと表現しますが、重力通りの自然の軌道がフォークボールで重力とは反対方向に伸びているのが、ストレートになります。

先ほど、「ほぼすべて」と言いましたが、その「ほぼすべて」に当てはまらないボールが無回転を意図的に投げるナックルボールです。回転数が多いほど変化する他の球種とは違い、ナックルは回転数が少ないほど変化するボールです。
サッカーのブレ球と言われる、無回転シュートは野球のナックルに近いボールになります。

ナックル以外の変化球は、回転軸の違いで生まれます。回転した方向にボールが変化するということです。

ナックルを含め、ボールが変化する理由が縫い目があるからです。

実は、野球ボールの108個ある縫い目が、研究を難しくし、データを集めにくくしています。
データを集めようと研究しても、縫い目の幅や高さが数ミリ変わるだけでも、違うデータになってしまうからです。

数年前に、野球の流体力学を研究している専門家に、同じ、打球速度、回転数、回転軸、打ち出し角度の打球で、フォーシームの打球とツーシームの打球では、どのくらい飛距離に差が出るのかを聞いたことがあります。
答えは、「同じだ」と言われました。
理由は、飛距離は、気圧や風などの条件が全て同じなら、初速、打ち出し角度、回転軸、回転数で決まるとのことでした。
僕の感覚では、違うと思っています。
ツーシームで遠投をしたら、フォーシームで遠投するよりも圧倒的にボールが伸びていかないからです。
僕は、打たれた打球がツーシームの打球になるように計算して投げていました。それが全て無意味だったことになってしまいます。
しかし、感覚だけで、データを持ち合わせていないので、何も反論できなかったことを覚えています。

理論上は、ピッチャーの投球もリリースの瞬間の、初速、回転数、回転軸、ボールの方向で到達点も変化量も決まると言われてますが、僕は、縫い目やボールの僅かな個体差によって変わると思っています。
傷のついたボールの傷を横に置いて縦回転のボールを投げたら、傷のある方に曲がります。この説明ができません。
プロ野球やメジャーリーグの試合で、直ぐにボールを替えるのは、このような理由もあるのではないでしょうか。

ボールが僅かに違うだけで、変わってしまうのが野球の難しさです。

野球だけでなくサッカーもボールが僅かに変わるだけで、ボールの軌道が変わってしまいます。

僕が小さい時は無回転シュートというのが今ほど、効果的なシュートではありませんでした。ブレ球というのも聞いたことがありませんでした。

それは、昔のボールは、今よりも多い枚数の、五角形と六角形の皮をつなぎ合わせてできていたからだと思います。現在このようなボールはワールドカップ等では使われない。

このつなぎ合わせる皮が、少ない方が無回転のボールは変化します。
子供が遊ぶ、柔らかいゴムボールは、つなぎ目がないので、蹴ったらどんな回転をかけようが、ブレ球にしかならないのは、そのためです。

おそらく、ボールを作る技術が上がり、少ない皮の枚数でボールを作れるようになったのではないかと思います。

今も五角形と六角形の皮でできたボールもありますが、ワールドカップなど、プロの試合で使うボールの方が、無回転のボールは変化が大きくなります。
一時期、フリーキックやロングシュート、ミドルシュートでのゴールが量産されましたが、今はそれほどでもなくなっています。最近は、無回転のボールの変化が大きくなりすぎないようにボールが変わってきたように思えます。

無回転シュートでのゴールが圧倒的に減っていて、特に、フリーキックで無回転シュートでゴールする場面を見ることが少なくなったように感じます。
無回転シュートでゴールする確率が減ったことにより、無回転シュートでゴールを狙う選手が減ったので、ますますゴールが見られなくなったのだと思います。

ボールが変わることにより、戦術が変わるくらい、サッカーも僅かなボールの違いによって変わります。

 

野球ボールもサッカーボールも、とても奥の深い道具だということが言えます。

そんな視点でワールドカップを見るのも面白いと思います。

ルールも守ればなんでもしていい?

スポーツには、ルールがありますが、ルールよりも大切なのがスポーツパーソンシップです。
その精神がなければどんなにルールを作ろうと、スポーツとして成り立ちません。

「ルールを守れば何をしてもいい」という考え方ではなく、スポーツパーソンシップに則った行動をしなくてはいけません。

日本のアマチュア野球では、10点も20点も勝っているのに盗塁をするということがよく見られます。
ダメというルールはありませんがスポーツパーソンシップを欠いてると言わざるえません。
このような意見に対して必ず出てくるのが、「手を抜くほうがよくない」「ルールにない」「逆転されたらどうするんだ」などの意見です。

相手を尊重し、その競技の歴史的な成り立ち、伝統、慣習を学び、理解した上で、競技自体を尊重する心を持つことがスポーツパーソンシップです。
野球の文化や慣習を学べば点差が開いている場面で盗塁をしないということは世界的に広まっていることだとわかると思います。
もっと身近な日本のプロ野球でも点差が開いた場面で盗塁することはありません。
それは負けたら次のないプレーオフや日本シリーズでも同じです。
昔は、少年野球や学生野球に世界大会のような国際大会がなかったので、日本独特の野球だけしか知らなくてもよかったのかもしれませんが、今はそういう時代ではありません。
それで逆転されて負けてしまったら、実力が足りなかっただけです。

お互いがよい試合をしようと思ってプレーすることが大切であり、相手にも気分よくプレーしてもらい「それでも勝つ」という精神を持ってプレーすることがスポーツです。

相手が気分がよくないと思うような行いは、考えなくてはいけません。
これは試合中だけでなく試合の前後においても同じです。
例えば、試合終了になり、派手にガッツポーズをしたら相手が怒ったとします。
その時に「こっちはガッツポーズをしただけで悪くない」という考えは、相手への尊重を欠いています。
もし、相手が気分を悪くしたのなら、こちらも、その行動を考えなくてはいけないことです。

そして、それを教えることも指導者がやらなければいけないことです。

サッカーの試合で倒れている選手がいたときにボールを蹴り出し、プレーを止めます。プレーが再開されたら、相手にボールを返します。
しかし、ボールを返さないといけないというルールはありません。
これは、サッカーでは、小さい頃からこのように教えられるので、おかしいと言う人はいないのではないでしょうか。
このように、小さいころからスポーツパーソンシップを教えていくことが重要です。

スポーツでは、ルールを守り、ファウルをしない努力をしなくてはなりません。
しかし、バスケットボールでは、試合の終盤にわざとファウルをし、時計を止めてフリースローを打たせるという作戦があります。
これは多くのチームが使う戦術です。
故意にファウルをするということは、他のスポーツからは考えられないと思うかもしれませんがバスケットボールでは認められているプレーです。
このことからもスポーツパーソンシップとは、そのスポーツの文化や慣習を学ぶことが必要だということがわかると思います。

大切なのは「このスポーツとはどんなものなのか」「スポーツパーソンシップとはなんだろうか」と考えることです。

勝利だけを求める指導者に育てられれば、フェアプレーや正直さよりも、勝利を優先させる選手に育つ可能性が高くなると思います。
逆に、そのスポーツの成立や歴史、本質を理解している指導者に育ててもらえれば、スポーツを通じてスポーツパーソンシップやフェアプレーを学ぶことになり、スポーツパーソンシップを身につけた選手に育っていくと思います。

つまり、指導者の指導によって、今後のスポーツを担うスポーツパーソンが育てられ、人だけでなく、そのスポーツの文化や慣習が作り出されていくということです。
そのことを自覚し、選手を育てていくことが大切だと思います。

部活動に思うこと

いろいろな競技のいろいろなチームを見てきましたが、その時代に合った指導をしていかなければいけないということを感じます。
日本のスポーツを支え、発展させてきた部活動にも同じことが言えます。

一昔前は生徒も親も社会に出ても通用するように、暴力や理不尽、長時間労働に耐えられる精神力や体力を付けることを競技や部活動に求め、部活をしていた人が多くいたと思います。
指導者に「うちの子供を厳しく指導してください」という親も多くいました。
実際に企業に求められていた人材の多くも、精神力や体力を持った人でした。
そのように精神力を育むことを目的として部活をしている生徒や親には、暴力や理不尽な指導は理解を得られます。
評価されることすらもあります。

しかし、パワハラやブラック企業というのが問題になる現代に、忍耐力や精神力よりも、その競技自体を上手くなりたい。自ら考えて行動できる自主性を身に付けたい。コミュニケーション能力を身に付けたい。などと思っている人には、絶対的な主従関係を作った、人によってはパワハラと感じるような理不尽な指導は理解を得ることはできません。

その競技を上手くなりたい、スキルを磨きたいと考えている人が、忍耐力や精神力を鍛えることを目的にした指導者の下で競技に取り組めば、競技自体が嫌いになったり、途中で辞めてしまったりといったことが起こってしまいます。

それは指導する側の目的と指導される側の目的に違いがあるからです。

そうならないためには、指導者は、日々勉強をし、生徒とコミュニケーションを取り、それぞれの生徒に適した指導方法を考え続けなければいけません。
昔の生徒はこうやって強くなったではなく、今の生徒に合わせた指導をする必要があります。

生徒側は、学校や部活を「どのような指導理念で」「どのような指導方針で」「どのような指導が行われているのか」を調べて決める必要があります。
なにも調べずに学校を決め「こんなやり方はあり得ない」というのもおかしな話だと思ってしまいます。
学校選択は自由なので、昔に比べ、インターネット等で情報も集めやすくなっているのでしっかりと調べ、見学に行き、進路を決めることが大切だと思います。

とはいえ、現状では指導者に「ここの学校に行け」といったような半強制的に進路が決められるようなことが多く起こっています。

指導者の教え子が指導者をしているチームや学校だと、いい選手がいた場合に「うちにくれ」ということになり、半強制的にその学校に進学することがあります。
野球では、まれにですが、ドラフト指名を回避させて進学させることもあります。

生徒が自分の意志で進路を決められないことは、問題だと思います。

少子化が進み、生徒数が減っているので学校側も生徒を集めるために様々な努力をしています。
部活動を使って、学校の宣伝をするということも行われています。
そのため、指導者が勝ちを求められ、生徒の育成よりも勝つことに執着しすぎてしまうということも問題にあります。
生徒の将来よりも学校の宣伝に生徒が使われてしまっていると感じることが多々あります。
しかし、学校側から見れば、必要なことであり、すべてを否定することもできません。
理想論になってしまうかもしれませんが、勝つことだけでなく地域振興や地域社会への貢献による宣伝。
個人の人格形成や社会性の育成、母校愛の育成により、広告塔に育てる。といったようなやり方もあるのではないかと思います。

時代が変わり、今までのやり方だけでは対応できないことがたくさんあります。
生徒の将来、学校の将来、スポーツの将来、日本の将来などにとって、どうしていくことがいいのか、みんなで意見を出し、協力して考えていかなければいけないと思います。

アメリカンフットボールからスポーツパーソンシップを考える。

今、大学のアメリカンフットボールでの試合のプレーが話題になっています。

僕も、映像を見て衝撃を受けました。
ここまで酷いプレーはなかなかないと思いますが、他のスポーツでもスポーツパーソンシップの理解がないような場面を目にすることがあります。
やはり、もう少しスポーツパーソンシップ教育に力を入れる必要性を感じます。

今回の試合をきっかけに、スポーツパーソンシップを学ぶ、いい機会になればと思います。

これまでにスポーツパーソンシップについて何度か投稿してきましたが、スポーツパーソンシップとは、スポーツの本質であり、スポーツの価値そのものだと何度も言ってきました。
今回の問題になっている大学は大学のアメリカンフットボールでは、強豪とされ、大学日本一を決める甲子園ボウルでも優勝をしている強豪チームです。
しかし、このチームを価値のあるチーム、素晴らしいチームだと思う人は、ほとんどいないのではないでしょうか。
このことからも、スポーツパーソンシップが「スポーツの本質であり、スポーツの価値そのもの」ということが理解できるのではないでしょうか。

アメリカンフットボールに限らず、すべてのスポーツは、スポーツパーソンシップがないとスポーツとして成り立ちません。
監督、コーチはスポーツパーソンシップを教えることをしなくてはいけません。

このアメリカンフットボールの件のように、監督やコーチなど上に立つ人間にスポーツパーソンシップがないことは、かなりの問題だと思います。
勝ちを目指して全力を尽くすことも大切なスポーツパーソンシップですが、それは、相手やルールを尊重した中でという前提があります。
相手もルールも尊重できないというのは、スポーツをやる資格がないと言えます。

僕も今まで野球をしてきた中で、「反則してでも勝て」と言うのをたくさん見てきましたが、この考え方では、スポーツの価値を保つことは難しいということを経験してきました。

また、今までの経験の中で、特に感じるのは、監督やコーチの選手へのリスペクトのなさです。
強制されて行うのではなく自らが判断してプレーするのがスポーツです。

罵声を浴びせたり、暴力を振るったり、選手に無理をさせ怪我をさせたり、強制的にやらせたりといったようなことは、選手へのリスペクトとスポーツを理解していたら起こらないはずです。

それがかなり多くのチームで見られるというのは、それだけスポーツパーソンシップの理解がスポーツ界に浸透していないからだと思います。

野球をはじめ、スポーツの競技人口が減ってきている今、スポーツに関わるすべての人が、スポーツが無条件に価値があり、素晴らしいものではなく、スポーツに関わるすべての人の自覚と行動によって、その価値が高まっていくということを理解し、行動していかなくてはならないと思います。

今回の件が、その大学だけでなく、アメリカンフットボール界、スポーツ界にとって、マイナスになったことは間違いないことだと思いますが、この件から学び、アメリカンフットボールだけでなくスポーツ全体がより価値のあるものになっていくきっかけになってほしいと思います。

プロ選手のスポーツの考え方

これまでスポーツパーソンシップについて何度か投稿してきましたが、すこし角度を変えてスポーツパーソンシップを考えてみたいと思います。

それはプロ選手のスポーツの考え方です。
今まで投稿してきたスポーツとは、違った考えもあるので、スポーツパーソンシップについて考えるきっかけになればと思います。

プロ選手のスポーツに対する考え方は大きく2つ存在しているように感じます。
アマチュアの延長で「スポーツとしてプレーする選手」
アマチュアとは違い、生きるために、あるいはより良い生活を得るために「仕事としてプレーする選手」

この2つを比較してみると

「スポーツとしてプレーする選手」
・スポーツなのでプレーすることを楽しむ。
・いい試合をすることに価値を感じる。
・過程を大事にする。

「仕事としてプレーする選手」
・仕事なので楽しむという発想はない。
・最優先は結果を出すこと。
・チームメートを蹴落としてでも試合に出る。
・勝利至上主義。

この2つの考え方は全く違います。
元々スポーツとは、仕事から離れた遊びのことを言っていた(スポーツとは)ので、スポーツが仕事となるとすこし感覚が変わってしまうのも理解できます。
スポーツを仕事と考える人がいるのも当然だと思います。
一般的には、仕事は、生きるために、あるいは、より良い生活を得るためにすると考える人が多くいます。
もちろんその考え方は、プロの選手も例外ではありません。
自分の生活を守るため、家族を養うためなど、仕事としてプレーをする選手もいます。

これは、その選手の価値観の問題なので、どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらの考えもわかります。
これは良い悪いを議論をしても答えが出ないので、お互いの考えを尊重することが大切だと思います。
ここでは、スポーツパーソンシップの考え方でもある、違う価値観の人の存在を認めるということが必要になります。

しかし、仕事としてプレーすると考えても、スポーツをやる以上、スポーツパーソンシップにのっとってプレーしなければスポーツとして成り立ちません。
どちらにしてもスポーツパーソンシップを理解した上で、自分がどのようにプレーするのかを考えなくてはいけません。

プロである以上、たとえ仕事としてプレーするにしても、プロフェッショナリズムを持ち、子供たちや周りの人に影響があるということを自覚する必要はあります。

少なくとも子供が見ている前で「スポーツは楽しむものではない」や「同じポジションの選手を怪我をしろと思って見ている」などのスポーツパーソンシップを無視した発言はするべきではないと思います。
そのような考えを真似る選手が出てくることはスポーツ界にとってはマイナスになるからです。

逆に、オリンピックやワールドカップ、WBCのような日本中が注目するような舞台で惨敗して「楽しんでプレーできました」や「楽しかったです」のような発言もするべきではないと思います。

見ている側にも、お金を貰ってるんだから楽しんでないで、国の代表として、国のために戦えと思う人も多くいると考えられるからです。

そのような場面では、相手や世間の気持ちを想像し発言するというスポーツパーソンシップを通じて身に付けられる力が試されるのではないでしょうか。

仕事としてプレーするということにおいては、アマチュアの選手はプロ選手とは違います。

アマチュア選手は成果によってお金をもらうわけではないので仕事ではないからです。

今まで投稿してきたようにスポーツは優れた人格を育てる手段であり、スポーツを通じて生きていくために大切な力を育むものです。
それにはスポーツパーソンシップの教育が必要であり、スポーツパーソンシップにのっとってプレーするのは、スポーツをする大前提になります。

問題は子供のクラブチームや部活で、選手はアマチュアなのですが、指導者が勝ちを求められ、勝敗によってボーナスが出たり報酬が貰えるようなプロに近いような場合です。
そのような指導者にスポーツパーソンシップについての深い理解があれば問題ないのですが、ない場合に勝利至上主義や選手を酷使させたり服従させたりと本来のスポーツから、かけ離れたことをしてしまうことです。

スポーツは誰のものか?

それを考えなくてはなりません。
スポーツは自らの判断でスポーツパーソンシップにのっとって自由に行うものです。
決してやらされるものではありません。

今回の投稿で何が言いたいかというと、スポーツパーソンシップとは、答えがひとつと言うわけではなく、スポーツパーソンシップを学び、立場や状況を踏まえて、自分で考えることが大切であるということです。
そのスポーツの歴史や文化、慣習などを学び、少しずつ磨いていくのがスポーツパーソンシップです。

トレーニングや技術練習と同じように、スポーツパーソンシップも自分の行いを振り返り、それを踏まえて、次にどのような行いをするのか考えます。それを繰り返し行うことにより、少しずつ身につけていくものです。

今回の投稿が自分と違った価値観や考えを尊重するというような、スポーツパーソンシップを考えるきっかけになればと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポーツパーソンシップ教育

今回はスポーツパーソンシップ教育について書きたいと思います。

日本では、スポーツパーソンシップを教えてもらうということはなかなかありません。
スポーツパーソンシップを全く考えずにスポーツに関わっている人も多くいます。

そこに日本のスポーツの問題点があり、スポーツパーソンシップ教育が今後の日本のスポーツのさらなる発展や普及につながるのではないかと思います。

前回の投稿(スポーツパーソンシップとは)でスポーツパーソンシップとは、スポーツの本質であり、スポーツの価値そのものだと言いました。
優れた人格を身に付けるための心構えであり、スポーツを通じて少しずつ身に付ける人格的な総合力であるとも言いました。

スポーツパーソンシップを学ぶことで、スポーツの価値を上げることや人格的な総合力を上げることにつながります。
スポーツを手段に生きていく力を育むことができると言えます。

なぜスポーツパーソンシップを学ぶことで生きていく力を育むことができるのかというと、19世紀後半のイギリスのパブリックスクールでは、「社会的な能力」を身に付けるための教育ソフトとしてスポーツを行っていたと言われています。リーダーシップ教育や中間管理職の人材育成にスポーツを取り入れていました。
これはひとつの例ですが、このことからも社会で必要とされるさまざまな能力や精神がスポーツを通じて身につけることができると言えると思います。

スポーツパーソンシップとは、前回の「スポーツパーソンシップとは」で説明したように、自分を取り巻く様々なものを「尊重する」ということです。

「感情の抑制」「相手に対する思いやり」「フェアプレー」は自分やチームや相手を客観的に見て、尊重することが大切になります。
それにより、自分や他人を冷静に評価することができ、違う立場や価値観の人の存在を認めることができます。

フェアプレーを学ぶことにより、社会のルールを尊重し、フェアに行動することにつながります。

謙虚さを学び、自分を過大評価しないようにするだけでなく、自分自身を把握し、自らの長所を伸ばしながら短所を補うことができるようになります。
負けた時や思い通りにならなかった時に、冷静になって本当の敗因や原因を探り、それを克服するための方法を考え、実践することにより立ち直る力や挑戦する勇気を育むことができます。
この、立ち直る力や失敗を恐れずに挑戦する勇気は生きていく上でとても重要な力だと思います。

また、エモーショナル・リテラシーと言われる、感情に振り回されるのではなく、自らの感情を理解し、使いこなすことができる能力や自己管理能力、自らの感情だけでなく他人の感情を想像できるようになり、思いやり等も育むことができます。

スポーツに参加することで得られる喜びや楽しさを感じ、スポーツの最中、スポーツ後に「自分」「チーム」「相手」を客観的に評価し、振り返り、次に備えて目標を定め、努力をすることで新たなスタートとなり、スポーツにおける燃え尽き症候群の減少にもつながるのではないかと思います。

弱いものいじめせず、フェアプレーを貫き、立派な行いをすることがスポーツであり、違う立場や価値観の人を尊重することにより、いじめや暴力、パワハラ、セクハラ等のハラスメントに対しても効果があるのではないでしょうか。

言い訳や悪口を言ったり、価値観の違う人を攻撃したり、すぐにイライラする人などはスポーツパーソンシップを実践できていないと言えます。

このようにスポーツパーソンシップ教育はスポーツ現場だけでなく、実社会において役に立つと思われる社会性を教育することができます。
スポーツを通じ、選手の身体機能や身体操作を向上させるだけではなく、スポーツに関わる人の、人格、社会を円滑に動かしていく力などの強化もしなければなりません。

優れた人格を育むための方法を広め、スポーツを通じて、生きていくために必要な、知識やスキルを身につける方法を学ぶことがスポーツパーソンシップ教育です。

部活や競技団体、競技連盟が抱える問題の解決策として、ルールを作るということも有効かもしれませんが、スポーツパーソンシップの意義と価値を説明し、スポーツパーソンシップを広く普及させることがもっと大切で本質的だと思います。

長年スポーツに関わってきて、スポーツの素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたいと思うとともに、スポーツがさらに魅力あるものになっていくと信じています。
そのためにはスポーツパーソンシップを広め、スポーツの価値、スポーツをする人の価値を向上させていくことが重要であると思います。

スポーツパーソンシップ教育が広まっていくことを願って、数回に分けてスポーツパーソンシップについて書いてきました。

 

最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

スポーツパーソンシップとは

前回は「スポーツとは」を説明しました。

今回はスポーツパーソンシップの説明をしていきたいと思います。

僕のスポーツパーソンシップの理解は、実家に貼ってある紙が元になっています。
その紙に書かれていることは以下です。

 

スポーツ宣言

スポーツマンの義務

  1. スポーツマンは完全な忠誠をもってルールの条文とその精神に従わなければならない。どんな状況においても公衆に対し正しい態度を保持しなければならない。
  2.  

  3. スポーツマンは競技の前後、最中において、相手、および審判を尊重しなければならない。
  4.  

  5. スポーツマンは常に自制を保ち、自己の冷静さと尊厳を保持しなくてはならない。勝利のために最善を尽くすが、敗北に伴う落胆を避け、勝利に伴う放漫を諌める。スポーツマンの得る報酬は、努力から生まれる喜びと充実している存在の感情である。

 

《フェアプレーの理念のないところに真のスポーツはない》

 

スポーツマンシップ(スポーツ精神)


感情の抑制

相手に対する思いやり

フェアプレー

 

この文がどこから引っ張ってきたのかはわかりませんが、父親がスポーツをやる上での心構えとして作成し、トイレに貼りました。

この文の理解がスポーツパーソンシップです。

もう少しわかりやすく説明したいと思います。

「感情の抑制」
どんな状況においても自分自身をコントロールして、冷静に物事を見るということです。
勝ちや成功におごらず、また、負けてふてくされたり、落胆することなく次に備えなければいけません。
負けた時、自分の感情を抑えて相手の勝利や成功をたたえ、それに負けないように自分が努力するということです。

「相手に対する思いやり」
相手の素晴らしかったプレーを評価し敬意を持つということです。
自分たちがやられて気分が悪いと感じることは相手にもしてはいけません。
相手あってのスポーツなので、相手に気分よくプレーしてもらい、それでも負けないぞという気持ちでお互いに勝つために全力でプレーします。
プレーヤー、審判、観衆、など、ゲームに関わるみんなでいい試合を作っていくということが大切です。

「フェアプレー」
プレーヤー(味方と相手)、ルール、審判を尊重し全力を尽くすことです。
スポーツにルールができたのは、暴力をなくすことや、相手と条件を同じにするためや、ルールを作ることにより難易度を上げ、より楽しめるようにするためです。
ルールを守ることで、より良い試合ができるようになります。
そのルールを運用し試合を円滑に進めるサポートをするのが審判です。

このような心構えがスポーツパーソンシップです。

さらに「スポーツマンの義務」で書かれているように、スポーツパーソンシップをどんな状況でも守り、周りに対してもスポーツパーソンシップを忘れてはなりません。
「競技の前後、最中において」なのでスポーツをしている時だけではなく、スポーツを離れても自分の周りのさまざまなものに尊重の精神を持つことです。
「good loser(良き敗者)」という言葉がありますが、この言葉はスポーツパーソンシップの中の重要な概念で、思い通りにならなかった時こそ、尊重の気持ちが、より試されます。
そのためには、常に自制を保ち、自分の言葉、態度、表情をコントロールしなくてはいけません。
勝利や成功を目指し全力を尽くし、競い合うことにより多くの価値が得られます。だからといって勝ちや成功におごらず、また、負けて腐らず次に備えなければいけません。
勝ちや成功を目指して努力することが大切で、「スポーツマンの得る報酬は、努力から生まれる喜びと充実している存在の感情である」という部分が僕は、とても重要だと思っています。

スポーツパーソンシップとは、優れた人格を身に付けるための心構えであり、スポーツを通じて少しずつ身に付ける人格的な総合力のことだと言えます。
スポーツに大切なものを尊重し、自らが判断するということは、スポーツをする上で求められる最も基本的な要素です。
その競技の歴史的な成り立ち、伝統を学び、理解した上で、その競技自体を尊重する心を持つ必要があります。

スポーツを楽しむには、弱いものいじめせず、フェアプレーを貫き、立派な行いをし、全力で戦いながら寛容さと遊び心を忘れないことが重要です。

前回の投稿の

スポーツとは

と合わせて考えると、強制されて行うのではなく、自らの判断で行い、スポーツパーソンシップを守り自由にプレーを想像するのがスポーツです。
成果や結果ではなく、勝利や成功を目指して努力する過程こそがスポーツの重要な意味を持ちます。
スポーツパーソンシップとは、スポーツの本質であり、スポーツの価値そのものであると思います。
技術や肉体同様に、スポーツパーソンシップもスポーツを通じて少しずつ身につけていくことが大切です。

問題が起きればルールを作るという考えが多くありますが、スポーツパーソンシップの意義と価値を説明し、スポーツパーソンシップを理解することがルールを作るよりも、大切で本質的だと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポーツとは

僕自身、小学校2年生の時に野球チームに入り、野球によって育てられました。
僕の精神や人格は野球を通じて身に付けてきたものが本当に多くあります。
その中心にあるのはスポーツパーソンシップの考え方です。

また、今スポーツの現場で上がってくる問題の解決に、スポーツパーソンシップの理解がないとできない問題が多々あるように感じます。

スポーツパーソンシップは、スポーツの世界だけでなく、学校生活、仕事、社会など、生きていく中で、役に立つことがあると思うので、スポーツをしていない人にも、是非参考にしていただきたいと思います。

これから何回かに分けて、そのスポーツパーソンシップについて発信していきたいと思っています。

スポーツパーソンシップとは、スポーツマンシップのことです。
最近は「ビジネスマン」という言葉を使わずに「ビジネスパーソン」
「スチュワーデス」は「キャビンアテンダント」のように男女を別ける言葉は使わなくなっています。
実際、「スポーツマンシップ」でひとつの単語であり、「man」という単語には「人、人間」という意味もあるので問題はないのかもしれませんが時代の流れを考え、「スポーツパーソンシップ」という言葉を使います。

スポーツパーソンシップを話す前に「スポーツとは何か」を説明しなくてはなりません。
スポーツを知らないでスポーツパーソンシップを理解することはできないからです。

今回はその「スポーツ」の説明をしたいと思います。

スポーツとは、辞書には、
「楽しみを求めたり、勝敗を競ったりする目的で行われる身体運動の総称。陸上競技・水上競技・球技・格闘技などの競技スポーツのほか、レクリエーションとして行われるものも含む。」
と書かれています。

「スポーツ」の語源を調べると、スポーツという言葉は、15世紀前半のイギリスで生まれたと言われてます。

「deporatare(ラテン語)」日常生活の労働から離れた、遊びの時空間。余暇、余技、レジャーといった意味。

そこから「desporter(フランス語)」に転じ、

さらに「disport(英語)」disもport(港・持ち運ぶ)も基本的に「離れる」というという意味。日常生活の労働から離れることを意味する。

disport(u), sporteから、やがて頭音が消失して「sport(s)」となったようです。

19世紀には、ドイツ語、フランス語にも取り入れられ、現在は世界共通語として用いられているようです。

日本の昔の文献では日本語訳として「スポーツ=釣り」と翻訳され、続いて「スポーツ=乗馬」という訳語が現れました。
これは、釣りや乗馬をしていた外国人がスポーツをしていると言ったことからそう書かれたと言われています。

スポーツの意味には「楽しむ・競技」という意味もあり、欧米ではチェスやビリヤードも「スポーツ」として認知されています。

近年では、「eスポーツ」という新しいスポーツもできました。
「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技としています。

つまり、「スポーツ」とは、「競技」「遊戯」「娯楽」「レクリエーション」のことを言っています。

日本人の感覚では、スポーツとは、競技のことを言い、娯楽やレクリエーションといった感覚はあまりなく、ましてや、テレビゲームをスポーツと捉える人はなかなかいないように感じます。

スポーツ=体育と思っている人も多いのではないのでしょうか。
しかし、実際には「スポーツ=sport」「体育=P.E.(physical education)」なのでスポーツと体育は違います。
スポーツは、もともと日常生活の労働から離れることを意味していたことからも、自ら楽しむもので、強制されて行うのではなく自らが判断して行うということが言えます。
このことからもスポーツと体育は、違うということが理解できるのではないでしょうか。

本来、スポーツとは、難しいものではなく、「遊び」と「真剣さ」のバランスによって成り立つ、身近で手軽に参加することができるものなのです。

これが「スポーツ」です。
どのように感じたでしょうか?

本来のスポーツとはすこし違う方向でスポーツをしている人やチーム、団体や協会もあるように感じます。

そして、ここで説明したスポーツをする上での、心構えが「スポーツパーソンシップ」です。
スポーツパーソンシップを守りながら自由にプレーを創造するのがスポーツということになります。

今後、スポーツパーソンシップについても、もう少し詳しく説明していこうと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

センスを身につけることの大切さ。

今までたくさんの野球選手を見てきましたが、センスのある選手しかプロ野球選手になっていません。
かなり厳しい言い方をしましたが、これが現実です。
プロ野球の世界で長く活躍するような一流選手は、ずば抜けたセンスをしています。
僕が思う、プロ野球の超一流選手とレギュラークラスの1番大きな差はセンスの差です。
レギュラークラスの選手とベンチ入りの選手の差もセンスの差です。
1軍と2軍の差もセンスの差です。
支配下選手と育成選手の差もやはりセンスの差が大きいと思います。

上のレベルになればなるほどセンスの差がそのまま野球の実力の差になっていると感じます。

なぜなら、

センスがある選手とは、飲み込みが早く、やろうとした動きをより早く身につけます。
センスがある選手が、10回やって身に付けることを「センスがないから100回やって身に付ける」というやり方では、一流選手には勝てません。
一流のプロ野球選手はセンスがあるのに100回かそれ以上やる人間の集まりだからです。
センスがある選手は動きに無駄が少なく、効率的な練習を選択できるので、多く反復することもできます。
多くの反復ができるのでどんどん体力もついていきます。

つまり、「センスのある選手に練習の質でも量でも勝てない」からです。

それが積み重なれば、実力の差も開いていくことが想像できると思います。

もし、10回で身に付けられる選手がいて、その選手を上回りたいと思うなら、9回で身に付けられる人間になるか9回で身に付けられる別のやり方を探す必要があります。

もちろん、100回の反復ができるのも上手くなるための大切な能力の1つですが。

もうひとつセンスがある選手の特徴とは、自分自身で上手くなる環境を整えられることです。
あの試合で上手くなった。あの練習で上手くなった。あの合宿で上手くなった。高校生が甲子園で上手くなった。など、一定の期間に急に上手くなった。成長したという経験をしたことがある。もしくはそういう選手を見たことがあるという方がいると思います。

その一定の期間に急に上手くなったという状況を普段の練習から作り出せる人がどんどん上手くなる、センスのある選手です。
そのような状況にするには、プレッシャーやモチベーションなどいくつかの条件が整わなければなりません。その条件を自分から整えて練習や試合を行うので、より上達や成長に繋がります。

アマチュア選手には、本当に熱心に、長い時間練習し、たくさんトレーニングをし、身体を追い込んでいる選手を見ますが、センスを身に付けて反復することが1番効率的なやり方だと思います。
練習やトレーニングをすればするほど上手くなる。きつい練習をすれば上手くなる。といったような考えを変えなくてはいけません。
繰り返し練習しているにも関わらず、上手くいかなかったときに「まだ足りない。もっとやらなきゃ」という考えになる前に「このやり方ではダメなのか?」という考え方ができるようになれば、今まで見えなかったことが見えてくるのではないでしょうか。

これは努力をしなくてもいいと言ってるわけではなく、センスを磨く努力を一生懸命しようということです。
センスを磨いて、効率的で合理的な努力をすることが上を目指すための努力だと思います。

これは僕が実際に経験して学んだことです。
現役時代、ひたすら走り込みをし、トレーニングをし、数をこなす練習を繰り返しました。
そのエネルギーをセンスを鍛えることに向けていたらもうすこしプロ野球の世界で結果を残すことができたのではないかと思います。
おそらくセンスがある先輩方は僕の取り組みを見て「もっと効率的で合理的な努力をすればいいのに」と思っていたのではないのでしょうか。

今更ながら、気が付くことができたので、僕の気付きがこれからの選手の役に立ってくれたらと思います。

「肘をしならせて投げる」とは?

「しなり」という言葉はバットをしならせて打つや腕をしならせて投げるなど野球でよく聞く言葉です。
実際に僕も、小さいころから肘をしならせて投げるように言われて育ってきました。
しならせて投げるイメージで成績を残しているプロ野球選手もたくさんいます。

しかし、いろいろな選手を見る中で、肘をしならせようとして投げることによって、うまく身体を使えていない選手も数多くいるように感じます。

本当に「肘をしならせて投げる」という投げ方は理想の投げ方なのでしょうか?

まず、理解しなければならないことは、野球でよく使う「しなる」というのは、しなっているわけではなく自分の感覚や見た目の感覚を言葉にしているだけです。
実際は「しなっているように見える」ということです。

例えばペンを軽く持って振るとペンが曲がって見える現象があります。しかし実際にはペンは曲がっていません。それに近い感覚でしょうか。

目で追えない速さになってしまうと、しなっているように見えてしまいます。
投球時の腕の動きは高速のため、しなっているように見えてしまいます。
小学生がどんなにいいフォームで投げても、プロ野球選手のように、しなっているようには見えません。
逆に150キロを超えるボールを投げて、しなって見えない選手を見たことがありません。

投球を動画撮影してみると、しなって見えるのもカメラの性能の問題で速く動いている部分の映像がぼやけてしなって見えているだけです。
スマートフォンで投球フォームを撮影し、それを見てみると、いつもよりもしなっているように見えるのはそのためです。
昔の携帯電話のカメラ機能よりかは格段に進歩しているとは思いますが、投球時の高速で振られる腕はどうしても、しなっているように見えてしまいます。

プロ野球中継を録画してスローで再生して見てみると、やはりバットや腕がしなって見えます。
球場にもっと性能のいいカメラを持っていき、撮影することはできないのかと思い、質問してみたのですが、野球場で使うカメラはとても性能のいいカメラみたいです。

では、なぜ腕がしなって見えるのか?

実際に撮影された映像データは、膨大なサイズのファイルになっているので、映像データを圧縮してテレビ等で放送します。そうすると、早く動いている部分の映像が荒くなってしまい、しなって見えてしまうそうです。
実際に撮影したサイズで映像をスロー再生して見たら、そこまでしなって見えないそうです。
それなので、テレビやYouTubeなどで投手の映像を見ると、ファイルのサイズを小さくしているため、どうしてもしなって見えてしまいます。
これは、プロ野球引退後、テレビ関係の会社に勤め、映像等を編集したりもしている、千葉ロッテマリーンズでチームメートだった山本徹也氏に聞きました。

「しならせろ」と言う指導は、「実際の動きとは違う感覚のことを言っている」ので全く理解できない人もいるので注意が必要です。
感覚を感覚で教えるというのは、僕の考えている指導レベルの最高レベルの指導になります。(例えば、長嶋監督が松井秀喜さんにしていた、擬音を使った指導)
この指導でお互いが理解ができるレベルは理想ではあります。
しかし、この指導は、プロ野球のレベルでも、指導者の伝えたいことがなかなか正確に、選手に伝わらないので、大人が中学生や高校生に指導するときやプロがアマチュア選手に指導するときには適していないと思います。

現場で肩や肘が痛いという選手と話すと「しならせる」というのを上手く理解できていないことが多いと感じます。

しならせて投げようとして、肘を先行させ過ぎて、手が遅れると、肘への外反ストレスが増え故障に繋がります。
肘だけでなく、肩関節を上手く固定するのも難しくなり、肩の故障のリスクにもなります。
また、しならせようとし、手首を伸展することや尺屈する(手首が寝る)ことにより、肘を守るための筋肉である屈筋回内筋群(特に尺側手根屈筋)が機能しにくくなり、内側側副靭帯損傷、骨が成長しきっていない子供なら裂離骨折(靭帯より骨のほうが弱いため靭帯を損傷する前に、骨が剥がれる)、等の選手生命を左右するような重大な故障につながります。

例えば、「もっと腕をしならせて投げろ」と指導されたときに、
「あっ!力が入りすぎてるのか。もっと胸を緩めてRSSC(回旋系伸張反射)を使ってしなやかに投げたほうがいいってことね」
といったように、自分のフォームを客観的に見ることができ、アドバイスをくれた人が、「こういうことを言っているのか」とイメージを作れる人には問題ない指導だと思います。

しかし、そこまで考えられない選手には、危険性がある、教え方だと思います。

指導者は、選手の、自分の動きを正確に判断できる能力や自分の評価がより正確にできる能力といった「客観的に見る能力」を把握する必要があります。
その能力のレベルに合わせて指導方法を調整しなければ、正確に伝えたいことが伝わらない可能性がでてきてしまいます。
もちろん、選手の客観的に見る能力を伸ばすことも大切になります。

「肘をしならせて投げる」という指導は、「実際は、しなっているわけではなく、しなって見えている」という、自分の感覚や見た目の感覚を言葉にしているだけだということを理解して使わなければなりません。
教える対象のレベルに応じて、柔軟に指導方法を変え、その中で「しならせる」という言葉が選手の成長につながると判断したら、使うことが選手のためになるのではないでしょうか。